組織の生産性と従業員の人的資本を相乗的に高める経営

株式会社心陽(東京都文京区本郷, Tokyo)は、人体の標準生理はじめ医学を駆使するオーダーメイドの臨床医療と、データの収集と分析により集団に属する人々の健康を維持、増進する公衆衛生学、特に労働と関連する従業員の健康を専門とする産業保健学等の科学的エビデンス、知識、技術、経験と実績によって、あらゆる組織の「三方よし」のヘルシー・カンパニー経営(心陽式健康経営)と従業員の健康管理を支援します。

+クリニックだからできる
本気のコラボヘルス

医療機関は、産業医に認められない医療行為が可能です。

出社はもちろん、現場や在宅等のリモートワークで、就業時間中のオンライン診療、臨床検査、予防接種、面談などで、解決力の高い、手厚いEAP(従業員支援プログラム)を提供します。

健康保険や公的助成金等の利用、タイトルの取得やコンプライアンス遵守を提案、支援します。

株式会社進化計画との提携により、健保を巻き込んだコラボヘルス・ソリューションが可能です。

個人も組織も、大切なのは「はかる」ことより、「わかる」ことより、「かわる」こと。

季節性インフルエンザ対策には、フルショットオンサイトがオススメです。

クリニックページはこちら 心陽クリニックはこちら SHINEクリニックはこちら

健康経営を可視化

経済産業省は、健康経営を「従業員の健康保持・増進の取組が、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、 健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践すること」と定義しています。

ヘルシー・カンパニー経営(心陽式健康経営)とは、組織の収益を拡大する目的で、従業員個人の人的資本(本人の働く&生きるスキルという財産:WRWB)への投資として、HPP(Health and Productivity Program:健康経営施策)を行う経営戦略です。

だから、HPPの価値や成果は、ROI(Return on Investment:投資の費用対効果の指標)で決まります。​心陽は臨床医療と公衆衛生学を用いて、数値でROIを示します。

ぜひ、お問い合わせください。

お問い合わせありがとうございます。

​数日中に担当者より連絡いたします。

Reading a Book

​心身医療理論によるポジティブなストレス観と、公衆衛生専門職ならではの本格的な集団分析を元に、解決力のある健康経営施策につなげる心陽オリジナルストレスチェックプログラム。

図3.png

企業は人間の集団です。その人間同士、人間と企業に存在する無数の「関係」における 信頼【TRUSTが組織の生産性を左右すると心陽は考えます。信頼に満ちた職場環境の醸成には、組織の正義【Organizational Justiceが必要です。格差がなく、コミュニケーションの盛んな職場には心理社会的安全性【Psycho-Social Safety Climateが生まれ、コヒージョンCohesionが育まれ、集団免疫のように組織を守ります。多様なメンバーは自律的にそれぞれの人的資本を高め、組織の収益に大きく貢献します。

そんな環境を醸成する、最適なHPPの具体的な内容は、個人の健康のかたち同様、企業ごとに多様です。心陽では、それぞれの企業の理念につながり、使命を果たし、価値を高めるHPPを、オーダー・メイドで提案し、実行を支援します。

企業も人体も生きているから一瞬として同じ状態ではなく、最適な介入は変化しつづけますが、急性期臨床医療で鍛えたスキルを活かして、常に「今、ここ」を診断し、迅速かつ柔軟に対応します。

有機食品のバッジ10
日
チームビルディング