4)プロジェクトリーダーとしてのチームマネジメント

名人の仕事は目立たない


 サレンバーガー機長は、両翼のエンジンが故障するという危機的な事故からわずか208秒後、約3分半後に機体を川面に着水させました。「ハドソン川の奇跡」です。

 サレンバーガー機長を幸運だと評する人は多いでしょう。しかし、機長として機乗中に、両方のエンジンが同時に壊れるという、天文学的な確率でアンラッキーな目に遭っているのです。明らかに幸運とはほど遠いでしょう。

とっさの判断ができたのは、離着陸をくりかえすタッチアンドゴーなどの地道な基礎訓練、経験の積み重ねで体に染みついた動き、そして無限にくりかえした妄想が育んだ知恵の賜物でしょう。

手術プロジェクトにおける麻酔科医の役割は、航空機の飛行プロジェクトにおけるパイロットの任務に喩えられることが多いです。絶対の安全を保障し、どんなトラブルもリカバーしなければならないという共通点があるからです。

 パイロットや麻酔科医のようなトラブルバスターは、実践訓練の場が限られるからこそ、あらゆるトラブルを妄想する力が重要です。本書では「妄想」を、職業上のイメージトレーニングという意味合いで用いています。

 幸運が招いた成功のように見えますが、名人級の職人はトラブルを避けるために、また、いざというときには神業でトラブルをリカバーするために、たいへんな努力をしています。

名機長だからこそ、未曾有の大惨事を回避して奇跡の立役者になりましたが、おそらく普段のサレンバーガー機長は、名麻酔科医同様、あまりアクシデントに遭わない、運のよいパイロットで通ってきたのではないでしょうか。

 人は、その仕事をしっかりと見てもらい、適切に評価してもらうことで、徐々にパフォーマンスを上げていくものですが、仕事ができるようになればなるほど、どんどんその仕事を評価できる人が減っていくというジレンマがあります。専門的であればあるほど、優秀であればあるほど、そうでない人からは何もやっていない運のいい人に見えてしまいます。特にパイロットや麻酔科医の仕事ぶりは、重要な局面であればあるほど、乗客や患者の目には触れません。

 いつの間にか済んでいるのがよい仕事で、よい仕事ほど目につかないので、よい仕事ほど評価される機会を失っていきます。一方で、いつでも何かに追われて忙しく働いているように見える仕事は、まず、よい仕事ではありません。

 何もしていないように見えているときは、よい仕事ができているときなので、自分さえそれを知っていれば評価されなくてもよいのですが、優秀な外科医ほど、麻酔科医の何もしないさまをチェックしています。これは麻酔科医冥利に尽きるゾクゾクする視線で、同時に脅威です。専門性を高めていくと、その機会が減ってしまうからこそ、正当な評価をしてくれる相手には、強烈な畏怖を覚えます。

 下手な外科医ほど、うまくいかない過程をボディのせいにしたり、麻酔科医のせいにしたりしてアリバイをこしらえる一方で、巧みな外科医は、最善の環境を自らつくり出して、ゆうゆうと手術をこなします。ボディのほうが自ら動いて、手術をやりやすくしているようにさえ見えます。往々にして下手な外科医は、巧みな外科医を僻み混じりに幸運だと評します。そして、巧みな外科医は、何も見ていないような顔をして、何もかもを見ているのです。



外科医との危険な関係


 ある朝、手術室に入ってくるなり、執刀医がつぶやきました。

「石田先生、黄色だよ、ニクイな~」

 ボディは、大腸がんに肝硬変を合併していました。肝硬変により機能が衰えた肝臓は止血のための凝固因子や血小板を充分に産生できません。出血に備えて、手術中の細かい血圧管理をするために、動脈にカテーテルを挿入して、持続的に血圧を測定します。

 普段は22ゲージ(0.64mm径)の青色のカテーテルを用いるところ、一回り小さい24ゲージ(0.51mm径)の黄色いカテーテルを用いた意図を、この外科医は透明の固定フィルムの奥の、1cm程度のハブの色を目にしただけで、一瞬で気付いたのです。長身の彼の目からハブまでは、1m以上の距離がありました。

 黄色い24ゲージは針穴が小さい分、管を抜く際の出血を抑えられますが、細い分、手技が難しく、閉塞しやすいです。一方、青い22ゲージは通例で、実技の経験数は豊富で、選択の根拠が明確です。わずかな出血を避けるために不慣れな手段に挑んで失敗すれば、出血傾向のため、みるみる血腫ができてしまい、再穿刺することさえできなくなってしまいます。カテーテルが閉塞すれば、その目的である血圧の持続的な測定ができなくなります。万が一、失敗や閉塞が起こったら、黄色い24ゲージを選択した言い訳はできません。リスキーな症例に対し、通例とは異なる材料を用いるのは、医療安全の鉄則に外れた不当な行為とさえ言えるでしょう。

 訓練中の麻酔科医が、同じ症例で普段とは異なる黄色のカテーテルを選択したら、私は叱るでしょう。だからこそ看護師の介助もつけず、こっそり穿刺したのです。